ベッドと布団の風水

ここではベットと布団の風水的に良い選び方と運気を上げるベットと布団に関わる風水について説明します。 人は夜に寝る時に、運気を補充すると風水では考えますので、色や材質やシーツ、枕や風水的に良い枕の向きやベッドの位置は大切になってきます。ぜひ参考にして風水で運気を上げてください。

ベッドの風水的な選び方

材質
木製のベッド材質は自然の力を得られる木製がベストです。骨組みがスチールパイプ製はお勧めしません。
無理に買い変える必要はなくファブリックやシーツ、枕、寝室の風水インテリなどの風水で調整してください。
壊れたときに木製を検討してみましょう。

サイズ
ゆったり眠れるような大き目のサイズを選ぶと良い。ただし部屋が狭い場合にはあまり大きなものを選ぶと逆に窮屈感がでてしまい風水的に良くありません。

ウォーターベッド
ウォーターベッドは風水的に良くありません。
人は寝ている間水の気の性質に似ているので、水の気を持つウォーターベッドで寝ると水の気が強すぎになってしまう。
陰の水の気を吸収してしまうと健康運を中心として運気が低迷してしまいます。シーツや枕などを風水的に良い物に変えて中和するようにしてください。

布団の風水的な選び方

布団のサイズも大きければ大きいほど良い。窮屈感がないものにしましょう。
素材も化学繊維や合繊繊維をさけ天然の素材の布団を使った方がよい。
色に関しては寝室の方位別の良い色や下記の布団カバーの色を参考にしてください。

ベッドファブリック、ベッドカバー、布団カバーの風水的な選び方

大き目のチェック柄の例

柄について
大きめのチェックストライプの柄は、運の良い時と悪い時の差が激しくなる傾向にありますので、できるだけ避けましょう。

ファブリックや布団カバーは派手な柄は「陽」の気を持っており、無地の物は「陰」の気を持っています。
寝室のカーテンの柄が無地の場合にはファブリックやカバーは柄物にして、カーテンが無地の場合にはファブリックやカバーは柄物にして、陰陽のバランスを調整すると良い。

素材について
人間は就寝時には水の気が強くなっていますので木の気を持つコットンやオーガニックな天然素材が良い。

色について
恋愛運ピンク、精神安定にはグリーン、能力を成長させたい人の枕カバーが良い
黒は避けたい色です。寝室の方位ごとの良い色を参考にして選んでも良い。

 

枕とシーツの風水的な選び方

は大きい幅のサイズがいい、高さは自分にあったものがいいです。
枕カバー色は白いカバーがおすすめです。派手な色は避けましょう。
風水では頭から気を吸収していると考えるので、枕は特に綺麗にしてたまに天日で干すようにしましょう。

シーツの色は白かベージュにしましょう。朝起きたらベットメイキングを忘れずに行う。

ベッドと布団の風水で運気をあげる

ベッドと布団の良い位置

部屋の扉から対角の場所に部屋の気が集まっているためそこに置くと良い(財気位)以下の図を参照。

ドアから財気位の方に気が向かって集まる。
財気位にベッドが置けない場合は部屋の中央など通り道も置き場所としては良い。
また財気位には大きな家具やゴミなどは置かないようにして綺麗にしてください。

ベッドと布団の悪い位置

・ベッドや布団を置いている真上の天井に(はり・天井の重さを支える柱)がある。
・家具のがベットに向いている。
・部屋の入り口に頭が向いている
・部屋に対してベッドや布団が平行になってない。
以上のようなものがあればベッドや布団の位置を変えましょう。

頭と枕の向き(ベットの向き)

北枕

北枕は風水的に一番良い。風水では北側から気が流れてくると考えるので北に頭をむけると気の流れがスムーズになり良い気を吸収しやすくなります。
東枕は木の気を吸収できポジティブになにごとにも挑戦したい人向きです。
西枕で向けて寝ると老けやすくなります。落ち着きたい方以外むきません。
南枕は直感力を磨きたい人以外にはおすすめしません。ストレスがたまりやすくなります。

布団の風水的な使い方

フローリング

フローリングに直接布団を敷く場合はマットレスを使った方が良い
風水では地面にはエネルギーがあり良いとされます。
フローリングは地面と考えますので、足で踏むには良い気を得られますが、直接寝ると足以外の部分が地面に近くなるので適していません。

ベッドではなく布団をフローリングの部屋に敷いて寝る場合にはマットレスを使って床の部分から少し高くすると良い。定期的に布団や枕は天日に干してください。

畳の上に布団を敷く場合
畳の上に布団を敷く場合にはマットレスを敷かずに敷布団を敷いても大丈夫です。畳はプラスの気を持っていますので良い気を吸収することができます。
ただし一階の畳の上で寝る場合は敷布団を一枚多く敷いたり、マットレスを使ったり少し高くして寝ると良い。

ベッドの下には不要な物はしまわない

不要な物を置くとベッドの上で寝ている人に悪い気が移りやすくなります。 ベットの下は清潔に洗濯した衣類を収納するのに向いています。
またベッドの下にはゴミがたまりやすくなります。定期的に掃除をしないで、汚くしていると上で寝ている人に悪い気が移ってしまいます。

ベッドや布団の上にいつもいない

ベッドの上でテレビをみたり、食事をしたり、スマホをずっといじったりするのは風水的に良くありません。
場所には役割があり、そこで違うことをすると運気が乱れてしまいます。ベッドや布団は寝る場所と決めてください。

シーツと枕カバーを洗って太陽の光にあてる

シーツと枕カバーが汚い場合そこから悪い気が発生して、寝ている間に悪い気を取り込むことになります。
寝ている間に良い気を取り込むためには、こまめに洗って天日に干して綺麗にしましょう。
また悪いことが続いた時や運が悪い時などは布団と枕を干してシーツやカバーを洗濯し太陽の光にあてるとよい。

 

ベッドと布団の風水のポイントまとめ

風水ではベッドと布団は枕の向きと部屋に置く位置によって運気が変わってきますので注意してください。
ベッドの材質やファブリックやカバーなどの色なども参考にしてみてください。また朝起きたときにしっかりベッドメイキングしたり、布団を畳んだりすることも風水的には大切になってきます。ベッドと布団に関しては、寝室の風水インテリアと一緒に風水を取り入れる必要があります。詳しくは以下を参照してください。
寝室の風水インテリア