風水とは

風水とは「東洋の英知」や「統計学」とも言われますが、地理学や心理学、医学などをまとめあげた環境学であり、「開運の学問」です。

古来より「気」というものが注目されていました。部屋を掃除したらなぜだか不思議と気分がよくなる。滝が近くにあったりすると不思議な気配や感じがあったりしますよね。不思議なパワーが「気」であり、風水はそんな「気」に注目します。
逆に何かいやな「気」がするなと思った場所に、誰でも一度は出会った体験があると思いますが、それが気分だけでなく物事にも影響を与えています。

このサイトを見てるとなんだか幸せな気持ちになるのを無意識で気が付く人もいるかもしれません。長く見るほど、見た人の運が開けるように色の使い方や配置を変えてもらっています。どうせ見るなら見た人が幸せになった方がいいですよね。

風水の考え方(陰陽五行説)

すべてのものには陰と陽の二つの性質があり、また気には五つの働きがありそれぞれが互いを高めたり反発して対立する作用をしており、そのバランスがよい方が良い。(陰陽五行説)。

五行の相生と相剋の関係図

実は人間にも「気」が宿っており、「気」を出しています。悪い気の中にずっといると見えなくなっていますが、良い気の中にいると出来事やその人間が出す「気」もよくなり周りの反応も変わってきます。逆に人間関係が苦手だったりなぜか金運や健康運に見放されている人もでてきます。

 

環境が才能を開花させ運を作りだす

人は周りの環境に常に影響を受け、心地よい場所にいれば自然と気分が前向きになり、さまざまな物事がうまく運ぶようになる。風水を知らない人でも「人は環境がつくる」なんて言葉を聞いたこともあるかもしれません。古来から各国の権力者たちが良い街や国や墓所をつくる際に風水の地理学を利用してきました。

 

風水の良い点

風水を学んで掃除をして部屋を綺麗にしたり、色や方位を考え物の配置やバランスを取るだけだから無料でできるし簡単ですよね。

風水をはじめて家を整理すると良い「運気」を効率的に取り込むことがでできるのです。吉相の環境は、自分の才能を開花させ、成長し生かし、あなたの人生を確実にもう一つ上のステージへと導きます。運気をうまく利用する方が努力するより簡単に幸せになる。金運、仕事運、恋愛運、事業運、結婚運すべて風水辞典で解決できます。

 

まとめ

・風水とは環境学であり開運の学問である

・風水のは周りの環境を整えることが大切で環境は才能を育て運を作る

・風水の基礎は陰陽五行説ですべてのものには2つの性質があり、5つの「気」を持ちこのバランスが良い方がよい。

・風水は無料でできて効率よく家の運気を変えられる