浴室、洗面室の家相、間取り診断方法

浴室と洗面室の家相、間取りが自分で診断できるようにしたマニュアルです。

鬼門(北東・南西)の方位の浴室・風呂には不幸が訪れるなど言われていました。北東の鬼門の場合は北風など吹き寒い方角ですから浴室は温まりにくかったなど弊害があったと言えます。

南西の裏鬼門の場合昔は風呂を火で沸かしており風呂釜の火が南西の風によって燃え移り、火災を起こしやすいといったことから避けられていたのです。ただし現代では設備も整っており心配もなくなってきています。
浴室は水と火の気がかかわる場所ですから風水的に考えても重要なポイントとなり、家族の愛情運、健康運、金運に影響を与えます。

浴室の方位で家相、間取りを判断する

浴室の方位診断

 

北の浴室は悪い

北の図・北は湿気も多く寒い場所なので昔から凶といわれてきました。できるだけ室外との温度差をなくすような工夫をし、使っていない時は換気を心がけるとよい。

 

北東の浴室は凶

北東・北東は鬼門にあたり陽が当たらず寒いため体に負担がかからないように気を付ける。
金運低下やトラブルなど問題も。できるだけ掃除を心がけ綺麗にしてください。

 

東の浴室はやや吉

東の図・東は朝日を取り込めるため家相的には良いと考えられる。発想力や想像力に良い影響を与えるが、この方位の浴室が汚かったり配置などで凶相になっていると挫折を味わうことに。

 

東南の浴室は吉

東南・この方位の浴室は恋愛運に影響を与えます。方位的にも良いですから換気を怠らず常に清潔に保って置けば問題はないでしょう。

 

南の浴室は普通

南の図・南は火の気の方位です。南の位置の浴槽は陰陽のバランスが崩れやすくなり、新たに引越す場合にはあまりお勧めできない位置です。
しかし現代の家相から見ると南の浴室は換気・乾燥に適しておりそれほど気にすることはないと考えられます。

 

南西の浴室はやや悪い

南西・こちらは裏鬼門の方位になり昔から家相ではこの位置の火や水は悪いとされてきましたが、現代の家相では南側は日光による殺菌効果で衛生的に保てるなど恩恵がうけられるとの考え方もあり、総合的にみてそれほど悪くないといったところです。ただ風水的に見るとこの位置の浴室は良くない。換気を怠らず、排水溝なども綺麗にするようにしてください。

西の浴室は普通

西の図・西の浴槽は昔から良くないと言われていましたが、冬場などは西日で暖かく適しているともいえます。

 

北西の浴室は普通

北西の図・冬場など脱衣室との温度差を少なくする工夫をすれば良い。風水的には主人の方位ですので凶相にならないように掃除しましょう。

 

家の中央にある浴室は凶

・家の外壁に面してない浴室はどうしても換気の問題で悪い空気が家にこもりがちになり凶相となり、家全体の気に影響を与えます。

 

洗面室の方位で家相、間取りを判断

・北・北東・南・南西・西・北西の洗面室はまずまずです。特によくもなく不可もなくです。洗面室を配置するのに適してるのはやはり東か東南になります。中央の洗面室は浴室と同じく凶相ですので注意が必要となります。

・朝目覚めたとともに使う洗面室は自然光を使い、風通しをよくして運気の改善をすると良い。明るく綺麗な洗面室で一日をスタートする環境を作ることはやる気や人の活力に影響をあたえます。

 

まとめ

・浴室は愛情運、健康運、金運に影響を与える。浴室は掃除をし、換気を行い清潔にすることによって運気を改善していくのがポイント。
中央や鬼門ラインに浴室がある場合は特に気を付ける。方位による家相、間取り診断で結果が悪くても気にせず、ここでのポイントを押さえたうえで浴室の風水インテリアをみて風水を取り入れて気の流れよ良くしていくことが大切。