家・マンションの風水的な選び方(家の形状)

新しく家を新築する場合や中古の家や賃貸で借りる一戸建ての風水的な選び方と注意点です。
風水的に良い家と悪い家の形状を一覧にまとめ、ご自身でなるべく判断しやすいように簡単に記載しました。
また風水簡単改善法も記しますのでぜひ良い家選びの参考にしてみてください。

 

風水的な良い家選びの方法一覧(家の形状)

 

玄関の前に下り階段や坂がある

下り階段や下り坂は財運が逃げて行ってしまい運気のダウンにつながります。
上り階段や上り坂は運気アップに繋がります。
下りの場合の対処法は玄関の扉を開けたときに最初に見ない事に気を付けたり、観葉植物を下り坂と玄関の間に置く、また玄関に水晶を置くなどして改善してみてください。

 

正面の家のと玄関が真正面に向き合う

目の前の家と自分の家の玄関が正面に向き合っている場合、どちらか片方の家が一方的に良い気を吸い取られるたり、前の家が不幸が多い家だった場合に悪い気が流れてきたりなど、弊害がでやすくなります。前の家の玄関との間に観葉植物を置いたり、玄関内に水晶を置いたり、玄関外のライトを夜間に常につけておくなどして、良い気をこちら側に呼び込むようにしましょう。

玄関の風水インテリアもぜひ参考してみてください。
玄関の風水インテリア

 

欠けがある家

欠けがある場合は欠けがある方位の持つ気を取り込むことが難しくなってきます。たとえば西に欠けがある場合は西の金の気を取り込むことが難しくなり金運などが悪くなりやすくなります。

方位の持つ気や影響する運気は以下を参考にしてみてください。
風水の方位まとめ

 

家(建物)の中に車庫がある

一階部分が車庫になっている場合は欠けと見なしますのでその方位の気をうまく取り込めなくなります。
また家に車を入れることによって気のバランスが乱れやすくなります。

 

玄関が中央にある家(玄関がへこんでいる)

玄関がへこんだ家は旺気が入りにくく、さっ気が入りやすいため、その家の住人の運気が悪くなります。
玄関に良い気を呼び込むために水晶や観葉植物を置くと良い。

 

玄関から真正面にバルコニー、ベランダ、窓がある【漏財宅】

玄関から一直線上にベランダや窓がある家(漏財宅)は金運が低下しお金がたまらない。これはアパートやマンションに多い間取りになりますので住んでいる方はチェックしてみてください。
対処法は一直線上の廊下に観葉植物を置いたり、玄関に水晶を置くなどです。対策することによって玄関から入ってきた良い気がそのまま外に出ていくのを防ぎます。

 

玄関の正面に階段やトイレがある

階段がある場合、玄関から入ってきた気がそのまま二階に行ってしまい、良い気が家全体に回らないため、金運が低下しお金がたまらない。
トイレがある場合は悪い気が玄関に流れやすくなり良い気が入ってこなくなりやすい。

 

外壁に面してないトイレと浴室【窓なし】

他の物件が選べる場合は避けた方が良い。
窓のないトイレや浴室などの水まわりは湿気がたまりやすくなり、悪い気がどうしてもたまりやすくなり健康運が悪くなりやすい。

以下を参考にして部屋の風水で運気を改善してみてください。
トイレの風水インテリア
浴室、バスルームの風水インテリア

 

家の中心(太極)について注意する4つの点

1、中心【太極】のない家

L字型やコの字型の家は中心が家の外になり、家の中に中心がないためよくない。家に入ってきた気は一度中心に集まりますが中心がない家はすぐに外に出ていくことになる。家に財がたまらなく、運が悪くなりやすい。

 

2、中心に水まわりがある

家の中心に水道やトイレ、浴室、キッチンなど水場がある場合、気が乱れやすくなります。

 

3、家の中心(太極)にコンロなど火を使うものがある

気のバランスが乱れやすくなりトラブルが多くなってきます。ストーブやコタツなど動かせるものは配置換えしましょう。

 

4、家の中心に階段がある

家の太極に気の乱れが生じるため、住む人の気が乱れ発展成長が見込めません。

 

このような家はなるべく避けたいものになります。建ててしまったり、スペース的にこの間取りにしなければいけない場合は、家の中心または中心に一番近い場所(中心がない場合など)に観葉植物や玄関に水晶を置いて家の気のバランスを改善してみてください。
また部屋のインテリアなどに風水を積極的に取り入れて気の流れを改善することが大切です。

 

家に梁がある家

家に梁がありそのままむき出しになっているような場合に、梁の真下にベッドや机などがあると健康運に悪影響がでたり、勉強や仕事の効率が低下したりすることがあります。
梁の下で長く時間を過ごすようなスペースの使い方をしなけれ問題ありません。

 

一階部分が空洞になっている建物

2階部分がせりだしていて一階が空洞になるために気が乱れやすくなり、安定性がなくなります。

 

二世帯住宅の家の注意点

玄関を分ける

気の入り口である玄関を二つにつくるのは良い気をそれぞれの家庭に入るようにするためです。

その他の二世帯住宅の注意点

キッチンのコンロの数を同じにしない
キッチンは火を使うため火の気が乱れ世帯同士のトラブルが多くなります。
キッチンが二つある場合にはコンロの数をどちらか増やしたり減らしたりして同数にしないことがポイントです。

 

風水での簡単改善法

 ご自身で判断しやすいように一覧にまとめました。ここであげた家の形状は風水的に良くないものですので避けた方がよいということになります。

風水での運気の改善には南雲先生の水晶がおすすめです。
南雲先生監修の水晶で開運