玄関の風水、表札とドアの選び方

表札とドアの風水的な選び方

玄関から旺気(良い気)が入ってくるので風水では玄関の環境を整えることは大切です。
そこで玄関と密接な関係の表札とドアの選び方と風水的なポイントを解説していきます。

 

表札の選び方とポイント

風水では玄関は幸運の入り口と考えます。気を家に取り込むには表札は必要です。表札のない家は「主人の不在」を意味し旺気が入ってこないで気が素通りしていきます。

表札で自分の居場所と名前を伝え気を呼び込みましょう。
一人暮らしでワンルームに住んでいる場合の人でも必ず表札は付けてください。

以下の条件を満たしているものがベストとなります。

 

表札の材質は木材で形は長方形

木材で長方形材質は木でできたものが一番良く。形は長方形のものがベストです。
風水的にプラスチックは相性が悪く、紙の表札も良くありません。色では黒やグレー系、赤系の石は陰陽のバランスが崩れるので避けてください。
男性がいる家なら白系の石材かタイルや木材が良い。
女性が住むならピンク系の石材かタイルや木材、または白系の石材、タイル、木材が良い。
木製の材質ならば色は自然な木の色でもかまいません。その他に使うなら大理石なども良いです。

 

家の主人自身が表札を書く

表札木製の材質の表札にその家の主人自身で自分の名前を苗字名前ともに墨を使って筆で書くのが良い。
注意点としては家族全員の名前を書いてしまわないようにしてください。
主人の名前だけ書くのが風水では効果的です。
縦書きか横書きかで迷うと思いますが縦書きの方が良い。

表札は彫らない

彫刻刀石など彫って名前を書く場合は表札ではなくお墓などに向いています。
できれば墨で主人が書くようにしましょう。

表札を取り付ける位置

風水では表札を付ける位置は玄関のある方位によって変えるとよい。
北 東南 南 南西 北西 の玄関の場合は外からみて右に
北東 東 西 の玄関の場合には外から見て玄関の左につけてください。
方位が重なっているなど、あいまいという方は外から見て玄関の右側にに表札をつけてください。

外に設置してある照明の光が表札を照らす位置にあればなお理想的になります。
また高さは目線より上にくる場所に設置しましょう。

 

表札を常にピカピカにすると運気も上がります。

風水は掃除が大切風水では表札が汚いと悪い気や悪い評判を呼んでしまう。定期的な拭き掃除で表札をきれいにしましょう。
表札は外にあるものなので木製だと痛みやすいというのがありますが、気になるようでしたら定期的に新しい物に取り換えて運気を改善。

 

 

ドアの風水的な選び方とポイント

 

方位別にみるドアの色

赤系、クリーム色
北東 鬼門に当たりますので白系
青、緑、ベージュ
東南 青、グリーン系、クリーム色
グリーン系、白系
南西 赤、シルバー
西 赤、シルバー 黄色
北西 シルバー 黄色

  
風水は色が大切ドアの色についてはこれからドアを作る場合や取り換えを予定している場合に参考にしてください。すでにあるドアを付け替えるという必要はありません。

風水ではそんなことをしなくても十分に運気を改善することが可能です。他のできるものから少しづつ、インテリアを楽しみながら運気を風水で変えていってください。

またドアの色によって玄関の雰囲気や統一感が崩れてしまう場合、それによる悪影響の方が大きくなります。あくまで参考程度に考えインテリアの統一感を見て自分の好きな環境を作ってください。

ドアにごちゃごちゃと飾りなどを付けている場合には、良い気が家に入りづらくなります。悪影響を与えるので外しましょう。