玄関風水、下駄箱や靴箱で運気をあげる選び方

下駄箱、靴箱の風水的な選び方のポイントと原則

①玄関にあったサイズかどうか
②玄関の雰囲気を崩さないもの
素材は木製で木目の入ったようなものが良く、不自然な光沢があるものは良くない。
④デザインはドアや扉付きの物が良い
このようなものがベストですがあまり神経質にならずに、玄関の雰囲気を壊さないように楽しく風水で開運インテリアコーディネートをしてください。

 

風水の方位による下駄箱、靴箱の色の選び方

 

北の図北玄関

北の玄関におすすめな色はクリーム色や白系

北東北東の玄関

北東は鬼門にあたりますので白を基調とした色が良い

東の図東玄関

風水では東の玄関は木の気を持つ方位ですので、これを壊さず木製の自然な色あいが良い。

東南東南

風水では東南の玄関は木の気を持つ方位ですので、木の自然な色系のものが向いてます。

南の図南の玄関

風水的にオフホワイト、オーク色の色が良い

東南南西の玄関

風水的に濃い茶色もしくはベージュ系が良い

西の図西の玄関

風水的に明るめの茶、ベージュ系が良い

北西の図北西の玄関

北西の玄関は主人を表す方位ですので威厳を表すような色もしくはベージュ系が良い

風水的にすべての色やデザインや大きさをすべて整えることは難しいと思いますので、玄関の統一感を崩さないようにできる範囲で楽しみながらインテリアコーディネートしてください。

 

風水的にダメな下駄箱の使い方【NG】

玄関の広さに対して下駄箱が大きすぎる

玄関が狭く感じるのは風水的にもっと悪い下駄箱の選び方になってしまいます。

下駄箱の中に関係ないものを入れている

バックやカバンなど靴と関係ない物を下駄箱にいれているとバックやカバンなどに悪い気が入ってしまい、そのバックや鞄を使うことによって持ち主の運気が下がると風水では考えられます。

3年以上履いてない靴を捨ててない

くつ履かなくなった古い靴には陰の気がすでについていると風水的には考えますので、それが玄関や下駄箱にまで影響を与えます。
履かない靴は捨てましょう。高かったものだったり思い出のもので、どうしても捨てたくないものは30分でも良いので、天気が良く風通しの良い日に天日で干してあげてください。

風水では古い物を捨てないと良い気が入ってこないという考えが基本としてあります。

 

下駄箱の上に物がたくさん置いてある

本を積み重ねる靴箱や下駄箱は気の入り口の玄関に置くものですから物はできるだけ置かないようにしてください。気が乱れ運気が悪くなります。
ホコリや汚れにも注意し玄関は特に綺麗に保つようにしてください。汚れから悪い気が出るので悪い気が増えさらに悪い気を呼ぶという負のスパイラルになります。下駄箱の上だけでなく下駄箱の中もよどんだ空気が貯まりやすいので掃除をしましょう。
風水では清潔にするのも基本ですので覚えておくと役に立ちます。

 

玄関に靴を出しっぱなしにしている

玄関は風水では主人の運も示していて、ここに靴を出しっぱなしにしておくと主人の額を靴で踏んでいることになり、悪影響を及ぼします。
靴を出しておくとしても一人一足までにして、余計な靴は下駄箱に収納して悪い気が玄関に充満しないようにしてください。
下駄箱に靴をしまう時も土などの汚れを取って、収納するのが風水の開運のコツです。

 

一年中ブーツを出しっぱなしにしているのはNG

ブーツを出しっぱなしはNG冬に履くブーツを夏に見ると、見た人に悪影響を与えます。家族全員が気持ち良く、心地よい玄関を作っていくことが風水のポイントです。
冬なのに夏のサンダルを出しっぱなしにしているなども同じです。季節ごとに靴も衣替えして、厄を払いよけるのが鉄則です。

 

買った靴の箱を玄関に積み上げているのはNG

整理整頓して不要な物は捨てるのが風水の基本です。

 

強い防臭剤を使っているのはNG

玄関の悪臭は運気を下げ特に人間関係に影響をあたえるので防臭剤などで防ぐのは風水的にグッドです。
しかしあまりに強すぎる防臭剤は逆効果になるので頭のかたすみに入れておいてください。